OSK日本歌劇団とは?

劇団紹介



松竹創業者・白井松次郎の発案により大正11(1922)年に、「松竹楽劇部」として大阪に誕生。翌12(1923)年、大阪松竹座の開場に際し、専属劇団として第1回公演を上演。時代と共にその呼び名を変えながらも、宝塚歌劇団、姉妹劇団である松竹歌劇団(SKD1928~96)と並ぶ日本三大少女歌劇のひとつとして人気を博し、笠置シヅ子、京マチ子、秋月恵美子らスターを輩出。
和物・洋物ともにキレのある群舞は劇団の魅力であり、中でもスピード感ある息の揃ったラインダンスは「ダンスのOSK」の象徴として、戦前より今に受け継がれています。

近年、OSK日本歌劇団は、戦国武将「真田幸村」を扱ったミュージカルや、『ROMEO&JULIET(ロミオアンドジュリエット)』を新たにダンスレビューとして手掛けるなど、幅広い演目を上演し、脈々と受け継がれてきた伝統を守りつつ、劇団創立100周年という大きな節目に向かい更なる躍進を続けています。

【OSK日本歌劇団 公式サイト】 http://www.osk-revue.com/




その他のOSK日本歌劇団公演情報

ミュージカル・レビュー
ミニレビューショー
ダンスショー

  • チケットに関するお問い合わせ

    チケットホン松竹 0570-000-489

  • 公演に関するお問い合わせ

    南座 075-561-1155